永久脱毛の定義はさまざま。どこまで求める?

アメリカでの定義は?

永久脱毛という文字からは、毛が永久に生えてこなくなるという印象を持ちますが、この場合、文字と内容は必ずしも一致しないようです。永久脱毛には、センセーショナルな響きがあります。が、もともとは猿だったことを考えると、猿の体毛が永久脱毛となったら非常事態ですよね。だから、そんなに徹底したことをすれば良いというものでもないようです。アメリカでは、施術した毛がひと月後に2割以下しか生えない状態と定義しています。

2割以下なら十分との考えも

永久脱毛を願う人がみな、毛がまったくないつるつるの状態を願っているわけでもないでしょう。体毛が薄い人と同じ程度になれればいい、くらいに考えている人も多いんじゃないでしょうか。レーザー脱毛では、施術した毛がまた生えてきても、弱々しく細い毛であることが多いとされますが、そういう毛ならかまわないとしている人は少なくないでしょうね。そういう状態になっても、またレーザー照射を受けに行く、という例もあるでしょうが。

自己処理がいらなくなれば

レーザー照射に踏み切る人の大半は、自己処理を日々延々と繰り返し、肌がボロボロになった経験があるでしょうから、自己処理がいらなくなるならそれで十分、と考えていそうです。自己処理って際限がないですからね。肌が傷まないんだったらまだしも、角質をそぎ落とすことでメラニン色素が沈着したり、引き抜きに失敗して埋もれ毛になったり、毛穴が開いてポツポツができたり。それが加速していきますし。そこから解放されるんですものね。

医療脱毛は高い出力で脱毛をすることができるので、すぐに効果が出ることに加えて短期間の通院で済みます。ドクターによるカウンセリングもあり、安心です。